Vの歌を聴け

「完璧な投資などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」

ニーサンとの別れ(1)

僕には少し年の離れた兄がいる。いや、「兄がいた」という方が実情としては正しいのかもしれない。

昔々、僕がまだ小さい頃、兄は僕に何度も「魔法」を見せてくれた。

僕らの家は決して貧しいわけでは無かったが、両親は共働きだっが。家の中に常におやつがあるわけでもなく、母親が帰ってくるまで、腹を空かせて夕暮れ時を兄弟で留守番することもしょっちゅうだった。

「おなかが空いたね。のりくん、いくらか小銭があったら、ニーサンにちょっと貸してくれないか?おやつ買ってきてあげるよ。お金はあとでちゃんと返すから」

兄はそう言うと、微笑みながら僕に向かって右手を差し出した。

僕はまだ、日暮れに差し掛かる時間帯に交通量の多い大きな道路を超えて300mほど先にある駄菓子屋まで一人で出かけるのは不安だったから、いつぞやお年玉でもらった百円玉を引き出しの奥から引っ張り出してきて、兄の大きな手のひらの上にちょこんと乗っけた。

「よし、いい子だね。じゃあ、ちょっと行ってくるよ」
そう言うと、兄は、僕の百円玉を持って出かけていった。

しばらくすると、兄は、手のひらからこぼれ落ちそうなくらいの(少なくとも、小さな僕にはそのように見えた)「うまい棒」やら「焼肉さん太郎」やら「ビッグカツ」やらを携えて家に帰ってきた。

「ほら、食べよう」
「ありがとう、ニーサン」

兄が買ってきてくれたビッグカツの、あの歯ごたえを今でもよく覚えている。今となってはあんなものは「カツ」でもなんでもないのはわかっている。あれは、魚肉のすり身を薄いシート状に伸ばしたものを、スパイシーな風味で味付けしフライしたものだ。本来ならば、「魚肉のコートレット」とでも呼ばれるべきものだ。だが、幼い頃の自分にとっては、兄が買ってきてくれたビッグカツは、母が作る手料理よりも美味しく感じられた。

twitter.com

僕が言う、兄の「魔法」は、驚くほどに美味しいビッグカツのことではない。

数日後、兄は「のりくん、この間のお金、返すね」と言って、僕の手のひらの上に120円を優しく乗せてくれたのだ。

「ニーサン、僕、100円…」
「うん?いいのいいの。のりくんのお金の"貸し賃"だよ!」
「いいの…?ありがとう!」

兄にお金を預けたことで、美味しいビッグカツが食べられて、しかも、手持ちのお金まで増える。小さい頃の僕にとって、これは「魔法」以外のなにものでも無かった。
その後、何度も何度も僕は兄の言うとおりにお小遣いを少し預け、その度に、美味しいお菓子を食べ、しかも僕の貯金も雪だるま式に増えていった。
幼い僕には、そんな兄の「魔法」がいつか解けることになるだなんて、考えたことも無かった。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

心がしんどい

含み損が、膨らむ。誰も、助けてはくれない。

もう、残高は見ないことにした。

僕は、GE坊やと、この気持ちを分かち合いたくて、このブログを始めた。けれども、坊やはどこかに去ってしまった。

爆損を抱えながら、それについてブログを綴るという行為は本当に辛い。
僕は、GE坊やのように、「くそがようー」などと叫ぶことができない。そこだけが、僕と彼との違いだ。

本当は、隣ですやすやと眠るぶちこの髪を撫でながら、「今日も爆益だよ…」などと呟いているはずだった。それが、一体、どうしたことだろう。

心が、くじけそうになる。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ちよこの帝国

昔々、大学の同じゼミに、おしゃべりが大好きな、ちよ子という女の子がいた。

ちよ子は、その古風な名前にはまるっきりそぐわないほどに垢抜けた、いや、いささか派手な女の子だった。髪はかなり明るめのブラウンで、瞳はこぼれ落ちそうなくらいに大きく、小ぶりな鼻と、常に微笑みをたたえた口元は、彼女とすれ違うほとんどの男に、好意と、「もしかしたら見下されているのではないか」という幾ばくかの不安を抱かせずにはおかなかった。彼女の目はこう語っていた。「あなたって無知ね」と。
けれども、大抵の男にとっては、その不安こそが彼女に好意を抱く原動力だった。

実際に彼女と話してみると、彼女の会話の引き出しの多さに僕は驚いた。特に、お金、経済にまつわる話が彼女は得意だった。
「バフェットは言ってるわ。究極の投資先は”自分”だってね」
「ねえ知ってる?アメリカのIT企業のTOP5社だけで、日本の株式会社の時価総額の半分を上回るのよ。投資するならアメリカ企業の他にはないわ」

彼女は、男たちに不安を掻き立てつつも、その「おしゃべり」でもって男たちの願望を満たしていた。あるいは、抱くべき願望そのものを示す「道しるべ」となっていたのだ。

僕はその頃、ノーム・チョムスキーに夢中になっていたから、彼女の言うことは正直なところ僕の心を打つことは無かったが、それでも彼女の話術には何度か感心することがあった。まあ、そう言う考え方もあるよね、と思わせるだけの説得力はあった。

可愛らしい見た目とは裏腹に、経済について造詣が深い彼女の周りにはいつも男たちが入れかわり立ちかわり現れては、賑やかそうに話をしていた。僕も時々はそんな輪の中に混じっては、彼らの交わす言葉を聞くでもなく、耳を傾けていたものだった。

暫く経ってから、彼女の変化に僕は気づき始めた。まず、身に付けるものが明らかに高価なものに変わっていき、羽振りも良くなった。すごく給料のいいアルバイトを始めたらしかったが、もしかしたら詐欺のようなものだったのかもしれない。それから、やたらと他人を煽り、嘲笑するようになった。自分と経済的観念が合致しない者に対しては徹底的に侮蔑的、攻撃的な物言いをするようになった。何日か前に、いまは米国株がバーゲンセールだから買わない手はない、なんてことを言ってるかと思えば、今日は、今のうちに金を買っておかないとね、などと丸っきり違うことを言ったりもしていた。

彼女の取り巻き連中のなかには、そんな彼女の変化に気付き、辟易として離れていくものも多かったが、それでも彼女には特別なカリスマのようなものがあり、彼女に惹きつけられる者も一定数は存在した。

彼女が変わってしまったあと、僕は彼女とその取り巻きの輪の中に加わることを避けるようになったから、彼女に一体何が起こってしまったのか、詳しくはわからない。できるだけ顔を合わせたくは無かったが、ゼミが同じということもあり、好むと好まざるとに関わらず、一定の間隔で彼女とは顔を合わせる機会があった。

一度だけ、彼女と研究室で二人っきりになったことがある。その時の彼女は、僕が知っている彼女とは全く違っていた。目はうつろで、焦点は合わず、目の前にいるにも関わらず、ちよ子の存在感というものを僕は全く感じられなかった。かつて僕を居心地悪くさせた、その大きな瞳は、もはや何も見据えてはいなかった。僕は、自分自身が透明になったような気がした。

息が詰まるような沈黙の後で、彼女はその虚ろな目で僕を(あるいは僕の後方50㎝に位置するホワイトボードを)見ながらこう言った。「黎くん、わたしとセックスしたいんでしょう?」
唐突な質問に僕が呆気にとられていると、構わずに彼女はこう続けた。「あたしはね、お金にならないセックスはしないの。あなたなんか、見るからにお金無いじゃない?あなたとセックスしたって資産なんて増えないんだから、その間に副業でもしてたほうがよっぽど良いわ。むしろ、ホテル代も交通費も時間も消失するから、実質マイナスよね

一体彼女は何を言っているのだろう。彼女のその虚ろな声が、僕の頭を酷く揺さぶった。彼女の言っていることは、資本主義の原理そのものだった。その時の彼女は、人間というよりも、むしろイデオロギーそのものだった。
彼女は、彼女を彼女たらしめていた何かを失ってしまっていた。それは、帝国の終わりのように寒々しい光景だった。

彼女が言い放った言葉の余韻が未だ研究室に漂っているのを感じながら、僕は彼女をひとり残して研究室から立ち去った。その後、僕は2度と彼女の顔を見ることはなかった。噂では大学を辞め、どこかの小さな村で、神託のようなものを村人に伝え続けていると言う話だったが、確かなことはわからなかった。

多分、ちよ子を変えてしまったのは、誰でもない、ちよ子自身だったのだと思う。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

S&P500ETFを毎日

 凍てつく寒さから身を守るために暫くのあいだ眠りについていた、小さな動物や虫たちを、優しく暖め、地表へと誘う、穏やかな春は長くは続くかない。
僕らが、少し寝過ごしたくまのように穏やかな気持ちで、春の日差しを存分に浴び、新しい季節に心躍らせているその僅かな時間の中で、いつの間にか春は、自ら秘めたる凶暴さに目覚め、ある日突然、僕らに牙を剥く。

暑い。いや熱い。そして、痛い。まるで夏みたいだ。
だが、夏はもっと暑い。そんなことはわかりきっている。あいつはまだ、ほんの少しアップを始めたばかりなんだ。今年こそあいつは、本気で僕ら全員を殺すつもりで仕掛けてくるだろう。

いいだろう、思い切ってやってくれ。そして、世界中の投資家のポートフォリオもこんがりと焼き尽くしてくれ。後にはNYSENASDAQもない、TもIBMもMCDもKOもMOもJNJもない、ポスト資本主義の荒野が広がることだろう。そうしたら、少なくとも、今よりも僕は僕自身のペニスに自信を持てることだろう。

そんなことを考えている間にも、紫外線は、通勤コースを歩き続ける僕の肌を容赦なく突き刺し、細胞の隙間から僕自身を蝕んでいく。

この時期、紫外線対策は欠かせない。日に焼けること自体は、それほど深刻なことでは無い。深刻なのは、紫外線に長時間晒されることによって生じる、全身の倦怠感だ。「紫外線疲労」という言葉はまだあまり馴染みがないかもしれないが、最近になってようやく注目されるようになった。日焼けにより、体内に活性酸素が過剰に生成され、これを中和するために様々な栄養素が余分に使われなければならないため、結果的に、疲労感が高まり、倦怠感が増す。

出勤前、僕はいつものように、日焼け止めのボトルを手に取る。SPF50。SPFに続く数字は、日焼けが始まる、つまり紫外線の影響を受け始めるまでの時間だ。SPF25で8時間、SPF50で16時間程度、平均的な日照時における紫外線の影響を軽減してくれる。

けれども、僕はこのSPF50、という表記を見るたびに、僕はS&P500ETFを連想してしまう。そして、史上平均にすら遠く及ばない、僕のポートフォリオのことを否応なしに思い出す。株式投資による含み損についての後悔から、幾らかでもキャッシュを温存しようと徒歩通勤をしているというのに、日焼け止めすら僕を嘲り笑うのか?

まるで関係妄想だな。もしかしたら、含み損は、ドーパミンの放出量を過剰にする働きがあるのかもしれない。

本当は今すぐにでも市場に出向き、VOOやVを買い漁りたい。そして、一生添い遂げる妻を娶るがごとく、永久保有銘柄として僕のポートフォリオに組み込みたい。そして、一生利確することなく、スローセックスを楽しみたい。
けれども僕には、JPYもUSDも無かった。買うための資金が無いのだ。これらを買うには、-40%の劣悪なパフォーマンスを叩き出している銘柄を、損切りしなければならないのだ。
僕にはまだ、どうしてもそれができなかった。そんなことを考えながら、僕は交互に一歩一歩足を運ぶ。耳に突っ込んだイヤホンからは、シングライクトーキングの懐かしい楽曲が大きな音で流れ続けている。額から流れた汗は、日焼け止めクリームを溶かし、皮膚をつたって僕の瞳を棘のように刺した。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

TENGAよ、君もか。

下らない文章を書き始めたのと少し前後して、周りの人たち(君たちのことだ)に勧められるがままに、アフィリナンチャラ、とか言うものにも挑戦してみている。
試行錯誤しながら、広告主に、広告掲載の可否について申請をし、承認が得られたら、広告を貼ることができる、と言うことらしい。それによって、世の中の人たちが素晴らしい商品を購入し、企業は潤い、僕は広告料を手にする。まるで電動ローターのごときウィン-ウィン-ウィンの関係だ。

電動ローターといえば、通勤コースに「大人の隠れ家」という名前のアダルトショップがある。入店したことは無いが、「S級素人」だとか「TENGAあります」だとかいった幟が賑やかに旗めていて、そこが「いかがわしい店」だということは一目でわかる。

昨日の仕事帰り、ちょうど「大人の隠れ家」を通り過ぎようとした時に、こんなメールが届いた。

 

いつも○○○○○○○○のご利用ありがとうございます。 本日の提携申請プログラム審査結果をお知らせいたします。

---------------------------------------------------------------

■提携否認プログラム (883513)【TENGA Healthcare(テンガヘルスケア)】

精育支援サプリメント

---------------------------------------------------------------

上記プログラムとの提携は、マーチャント希望条件に見合わなかったため 却下判断となっております。

※貴意に沿えず誠に残念ではございますが、他のプログラムにて 掲載のご協力をいただけますと幸いです。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

流石の僕も、これにはいささか心が震えた。保有銘柄は史上最悪のパフォーマンスを叩き出し、僕の"ポートフォリオ"(彼女が名付けた、僕のペニスのあだ名だ)もここ数か月は不調気味であることに加え、TENGAまでもが僕から顔を背けるだなんて。


みんな、マスターベーションを、する。

これが、このアフィリエなんちゃらに向かう上での圧倒的なワイドモートになるはずだった。世界中の男性が、ワイドモートという名の大陰唇に向かって、熱いポートフォリオを突き立てて利確するはずだったのだ。それが一体、どういうことだ。

僕は天を仰いだ。このろくでも無い世界で、人々は、マスターベーションをすることすらやめて、VやMAを買い漁っているとでもいうのか。

僕はため息をついた。そして、重い足取りで家へと向かって歩き続けた。その道のりは、一生続くようにも思われた。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Vの不在

ナイトテーブルの上では、ATAOの長財布が、ラブホテルの少し安っぽい光を受けて、ステンドグラスのように煌めいている。

それは、僕が彼女の37回目の誕生日に、プレゼントとして送ったものだ。

「これじゃ、小銭がほとんど入らないじゃない」
「1万円札が何枚かと、クレジットカードが入っていれば十分だろう?」
「お財布の中身よりも、お財布の方が高いかも」
「そんなに高くないよ」
「まあ、でも、ありがとう。うちのダンナなんてきっと、私の誕生日すら覚えてない」

プレゼントに対して、送り主に面と向かって文句を言う女性を、僕は彼女しか知らない。けれども、プレゼントを受け取るという行為自体は、まんざらでもなさそうだ。彼女は微笑みながら軽く唇を重ね合わせると、姿勢を起こし裸のままベッドに腰をかけ、早速、財布の中身を移し替えて始めた。

僕らはこうして、1か月か2か月に一度、平日の昼間に郊外のショッピングセンターの駐車場で落ち合い、どちらかの車でラブホテルに向かい、そこで2〜3時間、セックスをしたり、テレビを見たり、一緒にバスタブで湯に浸かったり、セックスをしたりした後で、再びショッピングセンターの駐車場で別れる、という関係をもう5年近くも続けていた。

夜に彼女と会うことは無い。夕方を過ぎてからの彼女は、夫や娘2人の面倒を見なければならなかったし、僕は、僕自身の面倒を見なければならなかったからだ。

一度だけ、彼女の家のリビングで、彼女を抱いたことがあるが、室内で飼っているトイプードルがひっきりなしに僕と彼女の横で吠え続けるものだから、僕は途中でやめてしまった。途中でやめる人なんて初めてだ、とその後、しばらく彼女は僕をなじり続けた。

 
「あれ、ビザのカードがない。無くしちゃったかな…」
「家にあるよ、きっと。無くしてたらおおごとだよ」
「うん…そうだよね。たぶん家」
彼女はバッグの中や、上着のポケットの中をひとしきり確認した後で、諦めたようにこう言った。

そうだ。VISAが無いだなんて、確かにおおごとだ。
僕が投資を始めた2年前、VISAはまだ、1株100ドル前後の値でうろうろと彷徨っていた。それが、どうだろう。今となっては170ドルを超え、上場来高値をこのまま更新し続けるんじゃ無いか、と言うほどの勢いだ。

あの時、"V"を全力買いしていたら…僕はそう思って苦笑いした。
僕が今手にしているのは、ほかの"V"なんだ。


彼女は今、僕がガソリン代を買うくらいのキャッシュまで惜しんで、徒歩で通勤していることなど知らない。彼女は無邪気に微笑んで、僕の”ポートフォリオ"に優しく手を伸ばしてきた。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ペニスとポートフォリオとの相関性について

2018/07/19

経済学とセックスを結び付けて思索する学者は決して少なくない。

世代内の経済的格差は「将来の経済的自由」の損失を惹起しかねない「奔放なセックス」を抑止する傾向にある、という者もいれば、比較的貧しく娯楽に乏しい経済・文化圏ではセックスが数少ない娯楽のひとつとして好まれ、結果的に超多子世帯が多くなり、教育に費やすほどの経済的余力を得ることのない世代が再生産され、次の世代もまた数少ない娯楽としてのセックスに興じる、と指摘する者もいる。

しかし、これらの似非性科学者の指摘に拠らずとも、よりプリミティブに、セックスと経済学が交わるところを我々は簡単に見いだすことができる。

「ねえ、なに難しい顔してるのよ。別の女の子のことでも考えてるの?」彼女が僕の一部を身体に受け入れながら、少し険しい目つきをして言う。

株式投資のパフォーマンスは、言い換えれば、ペニスの拡張や収縮そのものだ。

ディフェンシブだろうがグロースだろうが関係ない。ペニスが、紳士的な佇まいから、少しずつ、あるいは急激に、伸展、拡張するように、含み益が増大し、利益確定という名のオーガズムを目指して高揚、興奮していく。
そして、ある者は素早く、そしてある者は限界まで先延ばした後に射精し、含み益は消失する。後に残されるのは、幾ばくかのキャッシュと、ペニスのようにだらしなく弛緩したポートフォリオだ。

逆に、真冬の寒空の下を、肩を縮こまらせて歩くとき、僕らのペニスもまた、普段の見慣れたサイズよりも随分と縮こまっているのを見たことはないだろうか。それが、含み損を抱えたポートフォリオだ。-20%、-30%、-50%…ポートフォリオが真っ赤に染まる時、僕らのペニスは真っ青となり、その存在価値すら失う。縮こまったペニスでは誰も悦ばす事など出来ないのだ。

バフェットはこう言う。「上手に買った株は、一生手放す必要はありません」
つまり、バフェットは、本当に素敵な女性とのセックスは、猛々しく血管の浮き出たペニスをインサートしたままで、オーガズムに達することなくずっとそのままでいなさい、と言っているのだ。言い換えれば、バフェットは、株式市場という名のハーレムで、たくさんの銘柄を相手にディープなスローセックスを楽しんでいるのだ。

そんなことを考えながら彼女と交わるのは、とても素敵なことだった。
その日、僕のポートフォリオもまた、これまでに見たことのないようなパフォーマンスを叩き出していた。「悔しいけど、なんか今日すごい」と彼女は言った。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ